就活のコツを知って有名大企業に内定をもらう

就活のコツを知って有名大企業に内定をもらう

SponsorLink

{freespace_title1} {freespace_contents1}

希望の企業から内定をもらう超効率的な就活ノウハウ

学生のみなさんにとって就活は人生を左右する岐路と言っても過言ではないでしょう。
そんな大切な就職活動の時期に中西経団連会長が「就活ルール廃止」を発表しました。

 

2021年卒業より「就活ルール廃止」
2018年10月9日、経団連会長の中西宏明氏が「就活ルール」を廃止することを正式に発表しました。

 

就活ルールとは
経団連が企業の採用活動に関して定めるルールです。企業が自主的に守るルールとして定めてはいますが、守らなくても罰則はありません。
就活ルールでは企業説明会や採用面接の解禁日のほか、内定日を定めています。現在のルールでは20年春入社まで適用し、説明会を3月、面接を6月に解禁して内定は10月としているものです。

 

就活ルールの実態
しかし、実態は経団連に所属していない海外企業やベンチャー企業はルールを無視した採用活動を行っているのが現状のようです。

 

就活ルールの機能効果
就活ルールの目的は学生と企業が足並みをそろえ、就職活動を行うことで学業の負担を最小限にし、就職のチャンスを平等に得ることができます。企業側にしても採用活動のスケジュールが決めやすくなっています。
多くの大企業は、3月の就活解禁を目標に採用戦略を企画し、社内のの日程調整を行ったうえで6月以降の選考開始に臨むことができました。中小企業では、6月以降大企業の選考に漏れた学生をターゲットに採用活動を行えることから、大企業との日程的なバッティングを避けるとともに、採用におけるコストを最小限に抑えることができました。
このような視点から就活ルールの日程は学生、企業の双方にとって十分に機能していたという考え方もあります。

 

最近では、就職浪人とかフリーターを選択し職に就かない人もいると聞きます。また、インターネットを活用しての「起業」で収入を得ようとする人も少なくないようです。しかし、いずれにしても、学校を卒業すれば社会人として仕事に就くのが一般的です。

 

 

 

新卒採用は日本特有の慣習
新卒採用は日本固有の慣習で、海外では欠員が出たら補充する方式だといいます。しかし、日本の場合は企業の新卒採用という慣習のお陰で、学校を卒業した人たちが仕事に就くチャンスを得ていました。

 

終身雇用の崩壊
昭和の時代から就職活動においては、将来の安定を考え大企業への就職を希望する学生が多かったといえます。おそらく現在でも有名企業とか大手企業への就職を願う人も少なくないはずです。しかし、昭和のバブル崩壊により大手企業の倒産、合併、縮小など夢を抱いてやっと就職した企業でも希望退職、リストラなどにより、転職を余儀なくされた人たちは大勢います。今では終身雇用制は崩壊しているのです。

 

情報不足の就職で会社を辞める人たち
やたらとパワハラだとかセクハラだとかブラック企業だとか世間で騒がれています。しかし、これはほんの一部のことで、本当に満足して働いている人はわずかと言うことを知って下さい。どんな企業に就職しても、必ず「不満」があるものです。そのために新卒で就職した人の30%は3年以内に転職を考えるといいます。

 

覚悟を決めることが最大の武器
親が医者とか弁護士であっても、黙っていて子供が後を継げるものではありません。そこには国家試験による資格が必要になります。親のように医者とか弁護士になる覚悟をきめているからわき目を振らずに邁進するのです。

 

就職において面接は避けて通れない関門です。早く内定をもらっておきたいけど、どうやったら内定をもらえるのか。
今回は面接前にしっておきた面接のコツ、内定をもらうコツなど事前に準備しておくべき対策について徹底的に解説していきたいと思います。
しっかり準備して、面接を勝ち抜き、仲間より早く内定をもらえるような就活を覚悟をもって行ってください。

 

 

東大を卒業して30社面接しても内定ゼロ

いくつもの企業から内定をもらえる人がいれば、10社20社面接しても、一つも内定をもらえない人がいます。内定をもらえない人たちの共通した理由は「間違った就活の方法」を行っているからです。

 

面接用に買いそろえたスーツトネクタイ
ジーパンにTシャツで過ごしてきた学生時代が、一転してスーツにネクタイという就活スタイルに姿を変えます。最近のベンチャー企業ではカジュアルな格好で仕事をする企業も増えているために面接でもカジュアルな格好でいいのかスーツにネクタイがいいのか迷う人も少なくないようです。企業は着ている服より面接者本人を見るのですが、企業側がカジュアルな格好で良いと明言している場合を除いて、迷っている時にはスーツにネクタイが無難といえます。

 

面接における企業側からの視点
スーツにネクタイでやる気のある学生と見せても、考えに考え抜いた将来への展望を話したところで、しっかりした信念がなければ見抜かれて当然なのです。また、企業が欲する人材は、それぞれ企業によって違うものです。

 

東大卒業で内定ゼロ
東大を卒業して、意気揚々と金融、メーカー、商社など30社以上面接した男がいます。結果は無残にも内定ゼロ。やむを得ず大学院へ進み、、内定を取れなかった反省もなく、名ばかりのサークル活動で、遊んだり飲行ったりの生活を繰り返していました。しかし、2回目の就活を目の前にして、不安と焦りのなか就職活動を再開しました。ほとんどの時間を就職活動にあてたのです。

 

ダメ学生が6社から内定をもらえた就職戦略

遠回りの就活活動
社会人のOB,OGへの訪問、就活塾への入学など昨年とは違う就職活動をおこなうようになっていました。
しかし、自分の時間のほとんどを就活にあてたことが決して良いことではありませんでした。非効率的で、遠回りをしていたようなのです。
そんな自分への疑問が、徐々に内定を取るための秘訣に気が付き始めたといいます。

 

間違っていた就職活動の方法
倍率の高い、大手金融機関のインターンに応募してインターンの面接を通過して初めて気が付きました。
内定をもらうってこういうことだったのか!!
今までの自分の就活のやり方が間違っていたことに気が付いたのです。その後は6社から内定をもらうことができたのです。

 

ダメ東大生が見つけた「正しい就活の仕方」
内定がもらえない人たちには3つの共通点があるといいます。思い込みによる就活により「要点」を見失っているのです。
負け組就活生に共通する3つの要因を解消し、希望の企業から内定をもらえる正しい就活の仕方を習得して下さい。

 

マニュアルを実践して内定を勝ち取った人たちの体験談

紹介するマニュアルを実践して、内定を勝ち取った人たちの体験談の一部を紹介します。

 

一部上場企業4社から内定獲得
日本大学 笹井様
上原さん、こんにちは。上原さんと出会ってから半年が経ちましたが、ようやく第一志望の会社から内定をもらうことができました。
第一志望の会社以外にも、一部上場の企業3社から内定をもらうこともできました。選考が始まる前に上原さんと出会えて本当に良かったと思います。

 

医療品大手メーカー他5社から内定を獲得
熊本大学 黒川様
第1志望だった企業を含む、6社から内定を頂き、無事に就職活動を終えました。落胆ばかりだった私はある日、上原さんのホームページにたどり着き、このマニュアルと出会いました。上原さんと出会っていなかったら、私は内定をもらえなかったと思っています。このマニュアルが、私を「本気」にさせてくれました。

 

業界トップの大手企業から内定獲得
慶応大学 佐々木様
「自分なんかが大手企業に行けるはずがない」、初めはそう思っていました。リーダーシップをとったような経験はなく、何かで大きな功績をあげたこともありません。
そんな自分が輝かしい経歴を持った他の就活生に対抗できるとは夢にも思っていませんでした。第一志望業界へのエントリーシートを書く前に『東大式・内定獲得術』を知ることができ、本当によかったと思っています。東大式・内定獲得術を知らないままであれば、今回のA社からの内定はなかったものと思います。

 

トップへ戻る